チャンピックス

ここでは、禁煙しようと思っている人にもそうでない人にも知っていただきたい薬「チャンピックス」について、不定期で書いていきたいと思います。チャンピックスを使えばあなたも簡単に禁煙できるかもしれませんよ。

チャンピックスってどんな成分の薬?

病院で禁煙の治療をしようとしたら、治療薬として用意されているチャンピックスは、禁煙補助剤として使用される飲み薬です。従来のニコチンを使った置換療法とは異なり、バレニクリンを有効成分として自律神経のニコチン受容体に作用して、タバコを吸いたくなる欲求を抑える医薬品となります。バレニクリンはニコチン受容体に対して選択的に結合し、軽い刺激作用を持つことで、少量のドパミンを放出させるほか、ニコチンに対しての拮抗作用を持っています。タバコを吸うと血液中にニコチンが吸収され、脳に到達することでニコチン受容体に結合し、刺激を受けることで快楽に似た神経伝達物質のドパミンを放出し、体が安堵感といったものを覚えますが、ニコチンが受容体に結合できる時間は1時間もなく、すぐに消失してしまいます。するとドパミンの放出もなくなり、これまで感じていた安堵感との落差が酷く、すぐに次のニコチンを欲しがるようになりますが、この悪循環がニコチン依存症となります。チャンピックスを服用することで、有効成分であるバレニクリンがニコチン受容体に結合し、タバコを吸うことで補給されるニコチンが受容体に結合するのを防ぎます。ニコチンでは1時間程度の結合時間でしたが、バレニクリンは24時間は結合すると言われており、長い時間をかけて受容体を刺激し、少量のドパミンを放出することで、禁煙で落ち着かなくなる離脱症状を軽減させることができます。チャンピックスを服用していると、タバコを吸ってもニコチンが受容体に結合できなくなっているので、満足感を得ることが難しくなり、ただ煙を吸っているだけのような感覚となります。そのうち満足感が得られないだけでなく、タバコが不味く感じるようになるので、これによって禁煙ができると言われています。

チャンピックスの副作用

煙草を吸うと気持ちよくなるのは、煙草の中に含まれるニコチンが脳内のニコチン受容体(α4β2ニコチン受容体と呼ばれます)と結びついてドパミンと言う快楽を感じる物質を出すからです。チャンピックスはこの受容体と強く結びつき、ニコチンがこの受容体に結び付く事を妨げます。そして、チャンピックスがこの受容体に結び付いて時、刺激作用と拮抗作用の2つの作用をあらわします。刺激作用は軽く、ニコチンがこの受容体に結び付いた時の半分位のドパミンを出すだけです。この作用によりわずかに快楽を感じることができるので、禁煙に伴うイライラが起きません。拮抗作用はニコチンがニコチン受容体に結び付くのを邪魔する作用です。チャンピックスを飲んだ後、たばこを吸っても、ニコチンがニコチン受容体に結び付かないので、煙草を吸ってもおいしいとは感じません。この作用により、チャンピックスを飲むことで禁煙できるのです。飲む期間は12週間で、途中で飲むことを止めると、禁煙に失敗する確率が増えます。ただ、副作用として吐き気があったり、お腹にガスがたまったり、便秘などの胃腸症状があらわれます。頭痛も10人に一人くらい表れますが比較的症状は軽いものです。精神的な変調もあらわれます。不眠や不安感や異常な夢やいらいらや怒りっぽくなったり、気分の落ち込みも見られますが、この症状はチャンピックスの副作用でなく、禁煙に伴う症状の場合もあります。その他非常にまれなケースですが、運転中に突然意識がなくなり自動車事故になった例が数回報告されています。また海外では、重い抑うつ症や焦燥感を感じたり、興奮をしたり、攻撃的な行動をした例が報告されていますが、因果関係は分かっていません。

チャンピックス服用と飲酒ってあり?

禁煙をしたいと強く願った人が病院にいくと、処方してもらうことができるチャンピックスは、ニコチンを一切使用していない飲み薬で、タバコへの欲求を減らすことで、ニコチン依存症から離脱することができると言われる禁煙補助剤です。医師の処方薬なので、従来のニコチン置換療法のタイプとは違い、市販されていない医薬品となります。ほとんどの薬でよく言われていますが、治療薬はアルコールによって吸収が阻害されるため、治療薬を飲む際にはお酒と一緒には飲まないように指導されています。チャンピックスも例に漏れず、同様にお酒と一緒に飲むのは控えるようにされていますが、服用後にお酒を飲むことで副作用が出るといったことはありません。そのため、チャンピックスを使用して禁煙をしていても、飲み会や晩酌などの飲酒については問題ないようです。しかし、過度の飲酒はアルコールが血の巡りを良くするので、チャンピックスの成分が回りやすく、吐き気がしたり頭痛が酷くなるなど、副作用が強く出るおそれがあります。深酒をせずに適量を守って飲む分には問題ないので、日常で軽く晩酌をする程度の人なら大丈夫でしょう。お酒を大量に飲むような飲み会では、お酒によってタバコを吸いたくなる欲求が出ることもあるので、なるべく控えたほうが良いです。個人差がありますが、禁煙をするとお酒の味が不味く感じたり、逆に美味しく感じることがあります。味が強いタバコもあり、短い期間なら味覚が変わることもありませんが、長く吸っているとその味に慣れてしまって、味覚がおかしくなっていることもあります。不味く感じる分には禁酒にもなるので悪いことではないですが、美味しく感じてしまうと余計に飲み過ぎてしまうこともあるので注意しましょう。